代襲相続

代襲相続

1 代襲相続とは,相続人である子又は兄弟姉妹が相続の開始前に死亡し、又は欠格・廃除により相続権を失った場合において,その者の子が代わって相続人になることをいいます(民法887条)。

2 自らの系統たる直系卑属には遺産は要らないという放棄者の意思を尊重するため,相続放棄は代襲原因とされていません(民法88条2項参照)。
    そのため,相続人である子又は兄弟姉妹が相続放棄した場合,代襲相続権は発生しません。

3 被代襲者は被相続人の子(民法887条2項及び3項)及び兄弟姉妹(民法889条2項・887条2項)だけであり,直系尊属及び配偶者は含まれません。

4 兄弟姉妹における代襲相続は,民法889条2項が再代襲を定める民法887条3項を準用していないため,兄弟姉妹の子,つまり,被相続人の甥又は姪だけに限られます。
    ただし,昭和55年5月17日法律第51号(昭和56年1月1日施行)による改正前に発生した相続の場合,兄弟姉妹における代襲相続について民法887条3項が準用されていましたから,兄弟姉妹の孫にも代襲相続が発生しています。

5 相続人の子であって,被相続人の直系卑属でない者には代襲相続が発生しない(民法887条2項ただし書)ところ,例としては,養子縁組前に出生した養子の子があります。

6 同時死亡(民法32条の2)も民法887条2項の「相続開始以前に死亡した」場合に含まれますから,代襲相続権が発生します。

7 代襲相続とは「被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる」ことですから,父の相続を放棄した場合であっても,その後に死亡した祖父の代襲相続人となることができます(高島司法書士事務所HP「父の相続放棄をした場合でも、その父を代襲相続するのか?」参照)。
1(1) 交通事故(検察審査会を含む。)の初回の面談相談は無料であり,債務整理相続情報公開請求等の面談相談は30分3000円(税込み)です。
   交通事故については,無料の電話相談もやっています。
(2) 相談予約の電話番号は「お問い合わせ」に載せています。
  
2 執務時間は原則として平日の午前10時から午後7時30分までですが,事前のご予約があれば,午後8時30分まで夜間相談可能です。
 
3 弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)については,略歴及び取扱事件弁護士費用事件ご依頼までの流れ,「〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番3号 冠山ビル2・3階」にある林弘法律事務所の地図を参照してください。